2005年11月23日

あれから、2年近くなっている

『スーパーモニターへの道』というサイトを以前(2004/2/1)構築した。
      ↓
http://www.geocities.jp/monitor_cra/



あれから、2年近くなっている。
この2年間で治験の環境も大きく変わった。(例えば医師主導型の治験とか)

そして、何よりも、僕の働く環境が激変した。

『スーパーモニターへの道』というサイトをリリースしてから、今日までに2社転職した。

初めてCRO業界にも足を入れた。

すると、当然ですが、製薬企業のモニターとCROのモニターは仕事に対する態度が違います。

極論すると『自社製品』を開発するモニターと『契約ベース』で、他社(クライアント)の治験業務を請け負うモニターとでは厳しさが8倍ほど違います。

製薬企業の自社内にいるモニターは同じ社員ですから、まぁ、多少は甘くなります。
しかし、CROのモニターは何しろ『契約』で仕事をするわけですから、厳しいです。


何年か前に(まだ僕が製薬会社にいた頃)、「CROのモニターは、この点、きっちりとしているよな。」という会議中の発言があり、それに対して、こう答えた人がいました。

「そりゃ、何しろ、彼らはモニタリングをすることが飯の種になっていますから。」。。。。

あれ?製薬会社のモニターはモニタリングで食べていないの? と思ったものでした。

でも、それだけの印象は、確かに受けますね。


CROと製薬会社のCROの違いはまた別のブログに回すとして、これから「スーパーモニターへの道」(続編)を開始したいと思います。

posted by ホーライ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9720263

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。