2005年11月26日

●定義(2)ドロップアウトする創薬ボランティアも少ない。

どうしたら途中で治験を中止となる創薬ボランティアを減らすことができるか?

まずは、十分にインフォームド・コンセントをやってもらうことだ。
創薬ボランティアに治験の意義と大変さを事前によく理解してもらうことで、途中での中止は少なくなる。
コンプライアンスも良くなるだろう。

次に、クライテリアを余裕で満たしている創薬ボランティアに治験に参加してもらうよう、治験責任医師や治験分担医師、CRCにお願いする。

合併症や既往歴、除外基準でギリギリという方に治験に参加して頂くと、途中で合併症が悪化したり、血圧が高くなったり、肝機能障害が出たりで、中止せざるを得ない場合がある。

難しいが、このあたりも考えて、創薬ボランティアを集めて頂くようお願いする必要がある。

また、これらのこと意外にも、それぞれの治験特有の中止例が多い場合も有るだろう。
そんなときに、どうして多いのか? どうやったら、少なくできるか? という問題意識を持ってくれると嬉しい。

★スーパーモニターの条件(その2)=問題意識を持っている。

posted by ホーライ at 13:43| Comment(44) | TrackBack(4) | スーパーモニターの条件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。